NEWSNEWS

LED TOKYO 2019.01.16

2/13発売、パノラマパナマタウンの1stアルバム収録楽曲「Top of the Head」MV撮影にウィンドウビジョンを導入しました

LED TOKYOは、2019年2月13日発売 パノラマパナマタウンの1st Full Album「情熱とユーモア」収録楽曲「Top of the Head」のミュージックビデオ撮影のために、「ウィンドウビジョン」を導入しました。


■透過型の次世代LEDビジョン「ウィンドウビジョン」
今回のミュージックビデオは、映像作家・演出家の東市篤憲氏(A4A)がディレクターを担当し、横2メートル×縦1.5メートルの「ウィンドウビジョン」が採用され、迫力あるバンド演奏シーンをさらに魅力あるものに進化させています。


「ウィンドウビジョン」は、従来のLEDビジョンの特徴に加え、最大透過率90%を誇る、薄型、軽量のスタイリッシュなLEDビジョンです。
この特性から屋内・窓面に設置され、デジタル広告用のLEDビジョンとして利用されることが多い技術ですが、近年ではライブやコンサート、ショーパブなどでの“演出”にも利用されるようになりました。

ミュージックビデオへの登場は、日本のバンド史上“初”ですが、今後益々の注目と発展が期待される次世代のLEDビジョンです。

・LEDの総合ブランド「LED TOKYO」:http://led.led-tokyo.co.jp

↑↑