NEWSNEWS

LED TOKYO 2021.07.12

SSFF & ASIA 2021 アワードセレモニーにLEDビジョンを設置しました。

2021年6月11日(金)に開幕した米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021(SSFF & ASIA 2021)」

2021年6月21日(月)に開催されたアワードセレモニー会場である明治神宮会館にLEDビジョンを設置しました。

 

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は、米国アカデミー賞公認・アジア最大級・日本初の国際短編映画祭として知られています。

今年で23回目を迎える本映画祭。昨年はコロナ禍という、これまで経験したことのない状況下で開催が延期されましたが、今回は例年通り6月の開催となりました。

オンラインでの配信は、昨年に引き続き日本語と英語の同時通訳で配信されました。

また、動画内8:15頃より、弊社をご紹介頂いております。

SSFF & ASIA 2021 アワードセレモニー

明治神宮会館で開催された「SSFF & ASIA 2021」のアワードセレモニー。

本映画祭代表の別所哲也さんとLiLiCoさんを筆頭に、アニメ「ドラえもん」のジャイアン役などで知られる声優の木村昴さんと、「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃役などで知られる声優の花澤香菜さんがMCを担当し、錚々たるゲストが登壇しました。

今回のSSFF & ASIA 2021では、世界約120の国と地域から6,000本以上の応募があり、審査員は厳選された80本の作品の中から、インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門各優秀賞と、グランプリとなるジョージ・ルーカスアワードを決定します。

LED TOKYOは今年もSSFF& ASIA 2021に協賛企業として参加し、会場にLEDビジョンを設置しました。

 

使用した製品とサイズ

今回はピッチサイズ2.9mmの屋内用LEDとピッチサイズ3.9-7.8mmの透過型LEDビジョンを使用しました。

サイズはP2.97のLEDビジョンをW3000mm×H3500mm×2面とW6000mm×H3500mmで設置。

透過型P3.9-7.8mmのLEDビジョンをW3000mm×H2000mmで2面設置しました。

 

「LEDビジョン」は、エンターテインメントやアーティストが作り出す世界観などクリエイティブな発想に牽引され、様々なシチュエーションでの利用が進んでいる技術です。

美しい映像と光は未来やテクノロジーを感じさせるだけでなく高級感なども併せ持つので、ハイクラスのエンターテインメントや、次世代のアーティストが生み出す新たな作品ともマッチします。

『SSFF & ASIA 2021 アワードセレモニー』のような演出をご検討の際はぜひLED TOKYOまでお気軽にお問い合わせ下さい。

今回導入した製品の詳細はこちら

屋内用LEDビジョン

ウィンドウビジョン

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、自社工場で生産することにより、高品質なLEDビジョン、液晶ディスプレイをリーズナブルな価格にて提供しております。

購入はもちろん、レンタルやリースでのご相談も歓迎しております。

専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。

是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

 

↑↑