NEWSNEWS

LED TOKYO 2019.06.21

豪華ゲストが登壇!アジア最大級国際短編映画祭「SSFF & ASIA 2019 アワードセレモニー」に大型LEDビジョンを設置しました

LED TOKYOは、2019年6月16日に明治神宮会館にて開催された米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019(SSFF & ASIA 2019)」のアワードセレモニーに、大型LEDビジョンを設置しました。


本セレモニーでは、ジョージ・ルーカス監督の名を冠したグランプリ、「ジョージ・ルーカス アワード」をはじめ、来年の第92回アカデミー賞短編部門ノミネート候補となるオフィシャルコンペティション及びノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社の各優秀賞の発表を含む、計8つの賞の発表・表彰が行われました。

また、東京の多彩な魅力をショートフィルムにして発信する新プロジェクト「シネマスポーツプロジェクト」の発表、ならびに、CINEMA FIGHTERS project第3弾の全5作品のラインナップ発表、映画祭が企業や団体と組んで制作したショートフィルムの完成発表などが行われました。


LED TOKYOは、「SSFF & ASIA 2019」のアワードセレモニーが開催された明治神宮会館のステージに、横11メートル×縦3.5メートルの大型LEDビジョンを設置しました。

本セレモニーでは、本映画祭の最高賞である「ジョージ・ルーカス アワード」に、ツェンファン・ヤン監督の『見下ろすとそこに』が受賞・表彰されたほか、各部門の賞の発表が行われ、すべての情報発信と演出をLEDビジョンが担いました。

鮮やかな照明の演出とともに、LEDビジョンに映し出された“臨場感”のある美しい映像は、会場にいる人々に感動と喜びなどを伝え、本セレモニーを大いに盛り上げました。

会場には、本映画祭代表の別所哲也さんとLiLiCoさんを筆頭に、かたせ梨乃さん、永瀬正敏さん、安藤桃子監督、とよた真帆さん、 EXILE HIROさん、 EXILE AKIRAさん、小林直己さん、今市隆二さん、佐野玲於さんほか錚々たるゲストが登壇し、「SSFF & ASIA 2019」を締めくくるアワードセレモニーをより華やかに飾りました。

・LED TOKYO:https://led.led-tokyo.co.jp/

↑↑