NEWSNEWS

LED TOKYO 2022.05.25

乃木坂46デビュー10周年ライブを神奈川・日産スタジアムで開催!複数のLEDビジョンが登場

乃木坂46デビュー10周年ライブを神奈川・日産スタジアムで開催し、2日間で14万人を動員!一体感のある空間演出を、複数の大型LEDビジョンにより実現。

LEDビジョンに映し出される映像によって、会場が一体感に包まれる

日本最大のスタジアム「日産スタジアム」にふさわしい大型LEDビジョンをステージ裏に複数設置。曲やパフォーマンスに合わせてLEDビジョンを使用し、様々な演出をしていました。なかでも、よかった演出をいくつかご紹介します。
乃木坂を卒業した人気メンバー2人がサプライズ登場しましたが、その際にLEDビジョンが活躍しました。可動式LEDビジョンを上昇させ現れたのは、2019年にグループを卒業した西野七瀬。さらに、2020年にグループを卒業した白石麻衣は、LEDビジョンに城を映し出し、その城の扉の奥から紫色のドレスに身を包み登場しました。これらの不意をつかれるサプライズ演出にスタジアムは大盛り上がりでした。


医療従事者や自粛を続ける人たちへの感謝の気持ちを歌ったメッセージソング「世界中の隣人よ」では、演奏後、LEDビジョンに「世界中の隣人たちが安心して過ごせる日が訪れるまで 私達は歌い続けます」というメッセージを大きく映し出したり、10周年を記念して作られた曲「他人のそら似」では、LEDビジョンに映し出される過去のパフォーマンス映像をバックにライブを届けました。昼夜ともに人目につきやすく、遠くからでも映像がしっかり見えるLEDビジョンは音楽ライブにはかかせません。

乃木坂46

2011年、ソニーミュージックエンターテイメントと秋元康の合同プロデュースにより乃木坂46が結成されました。
乃木坂46はAKB48グループに所属しておらず、AKB48の公式ライバルとして活躍しています。
2012年にデビュー曲「ぐるぐるカーテン」でデビューしてから、毎年「BIRTHDAY LIVE」という、デビュー日をファンと祝うワンマン公演を行っており、記念すべき10年目の今年は、日産スタジアムで2日間開催されました。

AKB48の15周年を記念したコンサートではLED TOKYOがLEDビジョンを導入

LED TOKYOは、2021年5月22日・23日に行われたAKB48の15周年を記念したコンサート『17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE』にLEDビジョンを導入しました。
会場には、メインで使用した横15000mm×縦5000mmの大型LEDビジョン以外にも、3箇所に高性能のLEDビジョンを設置。
後ろの席のお客様も、LEDビジョンに映し出される映像によって、臨場感を与えることができました。
LEDビジョンは水やほこりにも強く、昼夜ともに映像が見えやすいので、屋外での設置もおすすめです。

17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE/AKB48

LEDビジョンは「LED TOKYO」

LED TOKYOは高品質なデジタルサイネージを、自社ブランド製品のため、リーズナブルな価格にて提供しております。

暖かくなってきて、屋外イベントの開催が増える今の季節は、最短1日から利用できるレンタルプランも人気があります。
購入もレンタルも国内だけでなく海外も対応可能です。
専門のスタッフから、お客様に最適な提案をさせていただきますので、お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

↑↑