NEWSNEWS

LED TOKYO 2019.11.26

3名が世界大会出場権を獲得!「グローバル オペレータチャレンジ アジア大会」表彰式に大型LEDビジョンを設置しました

CAT社「グローバル オペレータチャレンジ アジア大会」の表彰式会場に、大型LEDビジョンを設置しました。


「キャタピラー グローバル オペレータチャレンジ(GLOBAL OPERATOR CHALLENGE)」は、「キャタピラー社」の主催する、各国から集まった重機オペレータがその操縦技術を競い合う世界大会です。

「アジア大会」は、2019年11月19日~21日に埼玉県秩父市のD-techセンターで開催し、日本、東南アジア、中国の地域予選を勝ち抜いた33名参加。

競技はテクノロジを搭載した次世代油圧ショベル320、ホイールローダ950MZ、ミニ油圧ショベル308の3機種で、溝掘削やペイロード等の種目で腕を競いました。

マシンを使いこなすスキルはもちろん、マシン乗降時の手すり3点保持やシートベルト着用など安全面も重要なポイントとなり、来年ラスベガスで行われる「グローバルオペレータチャレンジ世界大会」のファイナリストとして3名が決定しました。


LED TOKYOは、表彰式が開催されたシェラトン都ホテル東京に、3.9ミリピッチのLEDパネルを140枚組み合わせ、横10メートル×高さ3.5メートルの屋内用大型LEDビジョンを設置しました。

会場の背面部分に大型LEDビジョンを設置し、動画の放映はもちろん演出としての静止画を映し出すことのできる表彰式のための特設ステージが完成しました。

表彰式では、ファイナリストに選ばれた、原田洋之さん(日本・田中産業株式会社)、CongXin Xuさん(中国)、Wilfren Jimenezさん(東南アジア)が登壇し、2020年3月にラスベガスで開催される世界大会への意気込みなどを発表しました。

・LED TOKYOはこちら:https://led.led-tokyo.co.jp/

↑↑