NEWSNEWS

LED TOKYO 2018.10.22

富士急ハイランド「でかスクフェス×スクフェスAC Next Stageプレイ応援会」に、LEDビジョンをレンタルにて導入しました

LED TOKYOは、富士急ハイランドにて開催されたイベント「でかスクフェス×スクフェスAC Next Stageプレイ応援会」に、LEDビジョンをレンタルにて導入しました。

■でかスクフェス×スクフェスAC Next Stageプレイ応援会
スマホで遊べるリズムアクション&アドベンチャーゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(通称:スクフェス)」と、「富士急ハイランド」とのコラボレーションにより実現したこのイベントは、9月1日、2日の2日間にかけて、富士急ハイランド 屋外ステージにて開催されました。

■屋外のステージに設置されたLEDビジョン
今回は、来場者が一緒にゲームを楽しむための大型モニターとして、横4メートル×縦2.5メートル、3.9mmピッチのLEDビジョンを設置しました。
大きなLEDビジョンを目の前に、9人同時にゲームをプレイするなど、大人から子供まで会場は大いに盛り上がりました。

■リアルタイム映像を映すことで“体験”や“臨場感”をサポート
LEDビジョンは、LEDパネルを組み合わせるだけでサイズを変更できる自由度に加え、昼夜屋内外関わらずとても明るく、美しい映像を発信することができます。
どんな場所においても、比較的短時間に設置できることから、看板や広告プロモーションの利用だけでなく、多種多様なイベントに柔軟に対応し、“体験”や“臨場感”をサポートしています。

人に伝えるため、空間づくりのため、新たな体験のために、LEDビジョンは国内外様々な場所で活躍しています。

LEDビジョンの導入をご検討の際は、「LED TOKYO」までご連絡をください。
LED TOKYO:http://led.led-tokyo.co.jp/

↑↑