NEWSNEWS

LED TOKYO 2022.04.19

あっとほぉーむカフェAKIBAカルチャーズZONE店にLEDビジョンを導入しました!

あっとほぉーむカフェAKIBAカルチャーズZONE店のステージ壁面にLEDビジョンを導入しました。

あっとほぉーむカフェ AKIBAカルチャーズZONE店

秋葉原にあるサブカルチャーのランドマーク「AKIBAカルチャーズZONE」の5Fに「あっとほぉーむカフェAKIBAカルチャーズZONE」がオープンしました。秋葉原での新店舗オープンは4年ぶりとなります。

白とピンクを基調とした店内はまさにお屋敷のような内装で、エントランスから受付、ショップなど店内のいたるところに、あっとほぉーむカフェのコンセプトでもある「萌え」を体感できる仕掛けが備わっています。

面積は152坪。約100席のカフェスペースに加え、オリジナルグッズを取り扱う物販コーナーもあり、カフェを利用しない方でも自由にフロアを見て回ることができます。

所在地:東京都千代田区外神田1-7-6 AKIBAカルチャーズZONE5F

営業時間:平日11:00~22:00 土日祝10:00~22:00 (※営業時間は状況によって変更することがあります。)

定休日:なし

 

あっとほぉーむかふぇ

愛情を込めるおまじない「萌え萌えキュン」を生み出したメイドカフェ。「萌え〜」でユーキャン新語・流行語大賞2005トップテンを受賞。日本人はもちろん、多くの外国人観光客が訪れる人気スポットで、来場者数は年間50万人に及びます。

あっとほぉーむカフェは、「ご主人様・お嬢様とメイド」という独特の世界観で、老若男女どなたでも楽しく飲食ができるエンターテインメントカフェです。創業から17年を経て、現在は独自のカワイイ世界観が支持され女性客が飛躍的に増加。その数は全体の4割に及び、日中はカップルや家族連れで賑わっています。

あっとほぉーむカフェの公式HPはこちら

インフィニア株式会社

インフィニア株式会社は、カフェ運営を通じて楽しい時間をお届けする、エンタテインメント企業です。

運営店舗
あっとほぉーむカフェ

ポムポムプリンカフェ

運営サービス

バーチャルあっとほぉーむカフェ

アーティストマネジメント

めいどいん!

グループ企業

株式会社スペースシャワーネットワーク

株式会社セップ

コネクトプラス株式会社

株式会社SPACE SHOWER FUGA

インフィニア株式会社の公式サイトはこちら

使用した製品とサイズ

使用した製品:屋内用LEDビジョン/BIMシリーズ

ピッチサイズ:2.6mm

製品サイズ:W6500×H2000mm

店舗内に設置されたステージ背景としてLEDビジョンを導入して頂きました。

今回使用したBIMというLEDパネルは、以前あっとほぉーむカフェ大阪店で導入した製品よりもリフレッシュレートが高くなり1920Hz(1秒間に画面が1920回切り替る)のものを使用しています。高リフレッシュレートのLEDビジョンを使用することで、ステージの演出をカメラで撮影する際もモアレ(テレビやLEDビジョンに映し出されている映像を撮影すると、画面に波模様がかかってしまう現象のこと)が発生しづらくなり、撮影がしやすくなりました!また、以前よりもLEDビジョンのパネルが薄くなっているので、壁面によく溶け込み、圧迫感を感じずにステージを楽しむことができます。

ピッチサイズは2.97mmから2.6mm、サイズもW4500×H2000mmからW6500×H2000mmと、ピッチサイズが細かくなり、より高精細なLEDビジョンとなりました。また、横幅も2m増え大型のLEDビジョンとなっています。

筆者も過去にあっとふぉーむカフェに行ったことがあるのですが、当時はまだLEDビジョンが導入される前でしたが、ステージでのパフォーマンスをとても楽しかった記憶があります。またLEDビジョンが導入されたステージパフォーマンスを見に行きたいです!

広がる演出の幅

大きな舞台背面いっぱいに広がるLEDビジョンは、さまざまなコンセプトの曲に合わせた演出が可能になります。営業時間中定期的に行われるステージでは、お客さんも一体となるパフォーマンスを楽しめます。LEDビジョンによる映像の演出でより一層パワーアップしたステージを楽しむことができます。

ステージのほかにもチェキ会などの背景としても利用可能です。イベント時にはイベントに合わせたPVの放映や、季節に合わせたPVの放映で店舗を演出します。

高精細LEDビジョンは至近距離でもきれい

今回のようにステージから客席が近く、視認距離が近い場合は映像がきれいに映せる高精細LEDビジョンがおすすめです。ステージから席までは大体3m以上離れていますので、最適なピッチサイズは2.5mm~となります。このようにピッチサイズの細かな高精細LEDビジョンは液晶ディスプレイと負けずを劣らずの解像度を誇ります。

例えば、50インチ(W110mm×H620mm)の液晶ディスプレイを使用したマルチディスプレイで、今回導入したステージ背景と同等の大きさを作成した場合、縦に3枚・横に6枚の合計18枚の液晶ディスプレイが必要になります。この液晶ディスプレイが1920×1080のフルHDの場合、合計37,324,800画素を有します。LEDビジョンの場合、横2500画素・縦800画素となり合計20,000,000画素になります。この画素数はほとんどフルHDの画素数と変わらないです。

最適なピッチサイズの選び方「視認距離=ピッチサイズ×1.16

視認距離が3m先の場合、3m÷1.16=2.59となるので、最適なピッチサイズは2.59 mm以上のものが最適といえます。

また、液晶ディスプレイのように画面にガラスを貼っていないので光が反射することもありません。ステージ端の席からでもしっかりと視認することができます。ベゼル(液晶の枠組み)も気にならず、視野角の広いLEDビジョンは屋内の大画面モニターにもってこいです。

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」

LED TOKYOでは自社ブランド製品の高品質なデジタルサイネージを、リーズナブルな価格にて提供しております。

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

@ほぉ~むカフェ大阪本店 / 大型LEDビジョン

 

↑↑