NEWSNEWS

LED TOKYO 2019.01.25

美しいオフィス窓面をメディア化「アパマンショップ 長崎店」に、透過型LED「ウィンドウビジョン」を2面設置しました

LED TOKYOは、不動産会社「アパマンショップ 長崎店」に、透過型LEDビジョンである「ウィンドウビジョン」を2面設置しました。


■窓面に浮かび上がる美しい映像に注目
今回は、建物2階、3階部分の美しいオフィス窓面を利用し、横6メートル×3メートルに及ぶ「ウィンドウビジョン」を1面づつ設置し、「ヘキサビジョン」と名付けられたデジタルサイネージが誕生しました。

「ウィンドウビジョン」は、従来のLEDビジョンの特徴に加え、“透過型”が特徴のLEDビジョンです。
最大90%まで透過するものもあり、外光、屋内照明などの光を遮ることがないので、様々なところに導入が進んでいます。

建物のガラス面・窓面が持つ“開放感”はそのままに、大迫力の映像を外に発信できるので人気のLEDビジョンです。

さらには、比較的簡単に設置することができるので、建物のリニューアルやイメージアップにも適しています。


■映像次第で店舗PR+広告運用が併用可能に
今回設置した「ウィンドウビジョン」は、浦上駅や国道206号が近く人通りが多い箇所に面していることから、店舗PRだけでなく広告運用を目的として設置されました。

そのため、1つの画像を表示するのではなく、プロモーション効果の高い映像を制作し、時間帯によって表示内容を変えるなど、訴求ターゲットに向けて適切なコンテンツを“タイムリー”に配信しはじめています。

日中は、店舗PR。夜間は広告運用のために利用するなど、その利用パターンは無限大で自由自在です。

また、美しいLEDの光は照明としても魅力があるので、映像次第では建物の印象も変化させ、新たなスポットを誕生させる可能性なども秘めています。

・LEDの総合ブランド「LED TOKYO」:http://led.led-tokyo.co.jp

↑↑